アルツハイマーの告白電話代バカ高さの対策

2011年08月03日

注意点と嬉しいこと

ひーくん、ぶーくん

おはよう。
2泊で海町に行ってきました。

◆注意点
・ひーくんからの電話後しばらくすると電話があったことを忘れる、同じ話の繰り返しなど、短期記憶力は落ちている(もしかすると2ヶ月前よりも?)
・床の砂やごみの多さは過去最大(座るのに耐えず掃除をさせてもらい、シンプルな掃除機を買いました)
・よしおじさんの携帯会社を確認してもらおうと電話をお願いしたところ、番号表を正しく認知できないのか電話をかけられなかった
・料理もより簡単なものだけとなり、果物・パン・団子など買ってきたものだけという食事も増えているよう(手順はわかるものの、何のために切っていたのかなどを忘れてしまうからかもしれない)

◆嬉しい点
・ロックにいる母にはサプライズで、家族3人で演奏「上を向いて歩こう」に行ったところ、ロックにとけこみ楽しんでいる様子
・ロックにはかなりステージの進んだ認知症の方が何人もいて心強い(同じステージでも笑顔がある人と無表情の人がいる。母は前者になれればいいなぁ)
・膠原病もなりをひそめ、認知以外の体調はとても良さそう
・母の世話に気をとられ、父の腰痛もなりをひそめるなど、父も誠に元気そう
・なーも更に3日残るせいか、とにかく父母ともに笑顔が多い3日間

◆お二人にお願いしたいこと
・海町に行った際には、新しい掃除機、携帯電話をうける・かける(えこおばさんとの無料通話のため)の練習をお願いします。なー滞在中は毎日するようになーに申しつけてはきましたが。

この状態が長く続くことは正直難しいと感じました・・
今を笑って過ごしていることに感謝しようと思いました。



--------------------------------------------------
ひーの返事
--------------------------------------------------
メールどうもありがとう。「注意点」はまあ仕方ないね。そういう病気なのだから。「嬉しい点」は本当に嬉しい。いまのところ、上手い具合に着地 点に向かっている感じ。

「お願い」は少し考えた方がよいかもしれない(「注意点」と関係していますが)。そろそろ、練習によって「掃除」や「電話」をさせるのは、難しくなってきているかもしれません。勿論、症状の進行をおさえるという意味で練習をさせるのは反対しません。しかし、ここは二段構えで、掃除や携帯 がなくともそこそこ「安全かつ健康に」暮らせる方策を考えはじめてもよいかもしれません。

 具体的には

1.電話---できるだけ、旧式のシステムに戻す。番号表は紙で書き、固定式のシンプルな電話にする。古い記憶ほど残るので、古い記憶にそった生活ほどストレスが小さく、呆けに逃げ込む確率が下がるかもしれない。

2.食事---ありあわせのものを買って食べることに、徐々に移行する。台所は、最終的には「お湯をわかすところ」だけと考える。年をとったのだ から、多少高くてもありあわせのものを食べることは悪くない、人生のご褒美としてそれくらいの「贅沢」をするのはむしろ当然と思ってもらう。(こ うさせるのは、火災や包丁によるケガを避けるため)

3.掃除---できなくなる、しなくなるのを前提として、なるべくストレスのかからない方策を考える。たとえば、ゴミは玄関にでかい段ボールをお いて、分別は無視して(どうせ燃えるゴミが主体になるので)、すべてそこに捨てさせる(簡単なことなら、実行できるだろうから)。床や廊下には シーツをひいて、人が行ったとき、一気にきれいにできるようにする...等々。

このあたりの具体策については、伸の経験と知識に大いに期待します。

--------------------------------------------------
ぶーの返事
--------------------------------------------------
やはり記憶障害の症状が進行してきているようです。最も記憶障害の原因は、側頭葉や前頭葉の神経細胞減少であり、不可逆反応です。如何にして症状の進行を遅らせるかが重要なのですが、「食事、運動に気をつけて規則正しい生活を送りとストレスをなくす」を実践するということつきるようです。

心配なのは、症状の進行に伴い今以上にバランスのとれた食事が難しくなり、栄養障害、貧血、熱中症、脳梗塞といった二次的なリスクが高くなってくることです。私は今以上に症状が進行した時は、配食サービスを検討した方が良いかなと思います。

記憶障害が進行したことである意味ストレスフリーになっていることが、母の笑顔につながっているのではと思います。膠原病もストレス減少に伴い沈静化しているのではないでしょうか。ただし、薬の管理ができなくなってくると心配ですが。。。

>◆お二人にお願いしたいこと
了解です。

そういえば、りー家もau?でしたっけ?実は妻実家もauなので、我が家もauを考えようかな思っています。

auの製品なら母用に以下の見守り歩数計というのはどうでしょう。
http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/mobilephone/milook/index.html

手持ちの携帯も父の外出時には母は使えませんし、電話を受ける事ができれば良いというのであれば悪くない選択肢と思うのですが。

読んでくださって、ありがとうございました
人気ブログランキングへ



at 06:47│Comments(0)TrackBack(0) 兄弟メール 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アルツハイマーの告白電話代バカ高さの対策