2012年7月収支他施設を見学?

2012年08月11日

ディサービス滞在時間が短い?

ひーくん、ぶーくん

日に数度の電話でお世話になっているえこおばと電話で話しました。1)最近症状が進んでいるように感じる、2)ロックから早く帰ってくる(前は16時頃帰宅→今は13~14時頃帰宅)のは父に負担をかけているのではと気になる

私はえこおばに同意です。

2)ロックは母の膠原病による疲れを懸念して、昼食後に帰してくるようになったようです。母の膠原病が落ち着いていることもあり、父の疲れを考慮すると、もっと夕方までとくじろうにいた方がよいと思い、今までに2度ほど父と話したところ、自分への影響及び母の状態に対する危機感はないようで、今のままでいいと。。

二人がいいというならいいかとそのままにしてきましたが、どう思いますか?


なーを8/21から海町に派遣し、私も夫と8/24から2泊にて保養所宿泊にて合流予定です。

ではまた。


--------------------------------------------------
ひーのメール
--------------------------------------------------
母の症状には、私も同意。思い出せないことが多くなってきたせいか、最近は私の電話をはやく切りたがる気配が濃厚。

ただし夫婦のことは、子供にもわからないことがあるので、父がいいというなら現状で良いと思う。あまりあれこれ口出しすると、老人には逆効 果かもしれない。

色々あって、今年のお盆は東京に残ることになりそう。8月の末頃に日帰りで様子を見に行くつもりです。

それでは。



--------------------------------------------------
ぶーのメール
--------------------------------------------------
おはようございます。

ロックが「膠原病による疲労」を理由に母を早めに帰宅させているのはちょっと疑問ですね。アルツハイマーの症状が進行したことで、母自身が”ロック”で「早く帰りたい」と繰り返し訴えているのではないでしょうか。

デイサービス利用契約上、利用者の症状が急変したり、明らかに医療機関への受診が必要といった特別な理由もなく利用時間を繰り上げて帰宅させることはないと思います。あるとしたら、何らかの理由で手を焼いたろくじろうが父に対して母の利用時間短縮の相談をして、父がを承諾したということだと思います。

今、膠原病の症状が落ち着いているのは明らかですし、とすると母のアルツハイマーの症状に「ロック」が対応できていないのではないかと思ってしまいます。

父はこの状況を問題視していないということですが、私は注意が必要だと思います。近所づきあいがない両親が、自宅で二人だけの時間を増やすのは、母の症状進行の把握を遅らせる可能性が高いからです。

私はロック以外の認知症対応のデイケアまたはデイサービスを海町市内で確保して、ロックと併用する方が良い気がします。

母の症状進行はみなさんがいうとおり私もそう思います。ただ、母が患っている病気の性質を考えると症状の進行を止めることは難しく、だからこそ我々も両親の意向を尊重するというスタンスだったと思います。とはいっても、今の状況を放置するの事が本当に良いことなのか極めて疑問です。両親の意向を組みつつ両親の生活に関わる人を少しずつ増やす方向を探せないでしょうか。



読んでくださって、ありがとうございました
人気ブログランキングへ



at 06:30│Comments(0)TrackBack(0) 兄弟メール 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2012年7月収支他施設を見学?