他施設を見学?コー社長へ兄弟の気持ちを伝える

2012年08月15日

コー社長に直接聞いてみる

コー社長

残暑お見舞い申し上げます。
厳しい暑さですが、お元気ですか?

さて、母の滞在時間についての質問があります。
新生ロックになって、前よりも早く帰宅しているようですが、
母の希望を優先した結果でしょうか?
それとも、膠原病を懸念してくださったご配慮でしょうか?

膠原病はおかげさまで、とても安定していますが、
認知力の低下に伴い、疲れを口にすることが増えたように思います。

母と父の希望を優先させたい思いと、
母と父二人だけの時間が増えることが母の進行を早め、
知らず知らずのうちに父の疲れを増していくことを兄弟は危惧しています。

お忙しい中恐縮ですが、お返事をいただけたら幸いです。
どうぞよろしくお願いします。



--------------------------------------------------
コー社長のメールを転送して
--------------------------------------------------
ひーくん、ぶーくん
コー社長のメールを転送します。
ご意見、何なりと。

概略
・海町に来た際には是非会って相談したい
・昼食が終ったら自宅に帰って横になりたいという希望が強い
・早く帰っても問題ないという父の言葉をうのみにしていた
・引き留めることは可能
・ただ、以前のように夕方の送迎になってしまったり、一対一(冷房を入れずに帰りたいという希望もあり)送迎が難しくなるかも
・母の夢は「弁当屋、できれば350円くらいの...年金暮らしの人たちに」



--------------------------------------------------
ひーのメール
--------------------------------------------------
転送ありがとう。前のメールから、特に変わった意見はありません。

ロックは、色々とよく考えてくれていると思う。私が「患者」だったら、ちょっと鬱陶しいと思うほどに。まあ、こういうタイプの人で ないと親身な介護はできないと思うけど、こういうタイプの人がやや苦手な人もいると思う。母もそうかもしれないね。

そうした一切合切を含めた母の反応が「少し早く帰る」ということで、父もそれを許容しているなら、私は父にまかせてよいと考えます。



--------------------------------------------------
ぶーのメール
--------------------------------------------------
転送メール拝見しました。

母が食後に休むように進められても「家で横になりたい」といっているのは明らか認知症の症状進行に伴うものだと思います。ちょっと心配なのはこうした症状が更に進行すると、デイサービス自体に拒否を示す可能性が高いことです。

私が手伝っているデイサービスでも同じようなケースがあります。送迎時間を本人の意向で早めていくと利用者が「家の方が良い」という思いが強くなって、結果的に引きこもってしまうのです。

デイサービスは、利用者と本人の身内以外の第三者との接触機会を確保するだけでなく、適切な身体活動や口腔ケアや全身の清潔保持などの役割があります。今、デイサービスでの利用時間を減らして、デイサービスが担ってきた役割を父に預けるのは困難だと思います。

なので、デイサービスやデイケア利用は引き続き必要だと思います。(父にこの部分を期待しない方が良い気がします。)

それが「ロック」でなければいけないのは引き続き疑問です。

いずれにしても、今の状況が母の引きこもりにつながらないことを祈りたいです。



--------------------------------------------------
私のメール
--------------------------------------------------
お二人とも、メールをありがとう。

何が正解かなんて、誰にもわからないよね。。

ただ、なーの親しい保育園友達のばあちゃんがアルツハイマーでした。じいちゃんがいつもニコニコ、二人で一緒に暮らしていました。ところが、じいちゃんが突然倒れて入院し、ばあちゃんは不本意な施設暮らし。じいちゃん奮起して元気になり、ばあちゃんを自宅に迎える準備中に、原因不明の発作で帰らぬ人になりました。その後、ばあちゃんはグループホームに入所し、加速度的に症状がすすみ、子や孫のお見舞いもよくわからないまま3年で今年逝き、葬式に参列しました。

保育園時代から運動会を一緒にみるなど、アルツハイマーのばあちゃんを含めて家族ぐるみで親しくさせてもらっていたので、「じいちゃんを最優先とした方がいい、本人は疲れを自覚できない、具体的にはばあちゃんはなるべくサービスを利用した方がいい」という彼らの助言を無視できないでいます。

海町にいった際を、再度この話を父と母にしてみます。その上で、父が母と二人で長くいることを選択するなら、応援したいと思います。


--------------------------------------------------
ひーのメール
--------------------------------------------------
難しい問題で、下の意見も伸の意見もよくわかる。いまのところ、りーの対応しかないかもしれない。賛成します。



読んでくださって、ありがとうございました
人気ブログランキングへ



at 05:46│Comments(0)TrackBack(0) 兄弟メール 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
他施設を見学?コー社長へ兄弟の気持ちを伝える