異臭がした父母の家。。ヒロインには自由が必要では?

2012年08月28日

考えたくないけど、今後のリスク

ひーくん
(ccぶーくん)

メールをありがとう。

ひー妻のおばさんも、家族も大変ですね。。

北海道のおじさんの奥さんも認知症で毒舌ですごいと聞くし、
上をみてもきりがありませんが、下もまたしかりいうことですね(^ ^;)

海町で惨状?を見ると、
もっと何とかできないものかと自分の力のなさを痛感しますが、
できることを一歩一歩です。

想定リスクと対策は、
1)家事など日常生活の支障 → 家事ヘルパーが利用できるように、海町施設への移動(又はロックへ再度交渉?)

2)母の気力が低下する → 日々の電話、ミシンなどディサービスでのやること探し、観劇・なー派遣などイベント設定

3)母の病状が進む → グループホームなど最後まで暮らせる施設探し

4)父が倒れる → 日々の電話、母の介護サービス利用時間増加、野球観戦や海町訪問などイベント設定

5)父が先に逝く → コチラでの施設探し?


他に想定リスクや対策はありますか?
  


--------------------------------------------------
ひーのメール
--------------------------------------------------
リスクを整理してもらって、「老人はケガをしやすい」ことに気づきました。ころんで足をくじいたり、乱暴な自転車に追突されるとかで、外出 が難しくなるというケースは、散歩好きの父母(特に父)に対して考えておいた方がよいかもしれません。

1.ケガをした際に行ける近くの診療所の確保・確認
2.車いすを使うことになった場合の移住先の検討(さすがに、海町のあの家では難しいかも...)
3.ケガをした場合の移動手段の検討(タクシーがベースか?それにそなえて兄弟貯金の増額が必要かも....)
4.室内でできる「仕事-生き甲斐-暇つぶし」の検討---何か、生き物を飼うとよいかも。犬猫は無理でも魚(メダカ)とか、植物とか。

前にも検討したかもしれませんが、とりあえず、自分の備忘を兼ねて。


--------------------------------------------------
ぶーのメール
--------------------------------------------------
こんにちは。返信が遅くなりました。

りー、
海町お疲れ様でした。子供たちはなーちゃんに遊んでもらってとても喜んでいました。ありがとうございました。

両親の家屋の状況は訪れれるたびに厳しくなっているように思います。今の家の状況を考えると、遠くの小規模多機能にたよるというより、ケアマネが頻繁に状況を確認しにきたり、ヘルパーによる家事援助と近所のデイサービスやデイケアとの併用のほうが望ましい気がします。

私が考えるリスクは以下のとおり。

1.父が長期入院を要する状態におちいる(手術を伴う外傷や循環器系のトラブル)
 → 母の生活場所が突然変わることになり、予想以上に母の症状が進行する可能性が高い。両親の生活を支えるためのコストが突然桁違いに増える事で兄弟預金や両親の貯金を使い切ってしまう。

2.両親の栄養状態が悪化し、衰弱する。
 → 電話では把握が難しい問題なので、現地での家事援助と地域の介護サービスに頼らざる得ない。配食サービスや家事援助サービスを利用。

3.両親がグループホームや特別養護老人ホームに入所できない。
 → 両親が入所が必要になった時に施設に空きがなく入所できない。入所できるまでの間の生活をどうするか。入所後の経済負担に耐えられるか。

4.両親が車いすが必要な状態になったら。
 → 現在の家屋では対応不可能。両親の生活スペース確保が課題。その際、引っ越しを要するため経済的な負担だけでなく、母の精神的な問題への対応も不可欠。

5.我々兄弟が病気になる。
 → 遺伝的に血中の中性脂肪が多い?のは将来的な循環器疾患にリスクを抱えているといえる。両親が健在なうちに、我々兄弟が倒れると一気に事態は深刻化する。
 
  
将来的に母のグループホームや特別養護老人ホームの利用が現実味を帯びてきているので、その経済的な負担に対して収支を予測する必要があると思います。両親の年金と手持ち現金と兄弟預金でまかないきれるかどうか、一番の心配事項です。


--------------------------------------------------
私のメール
--------------------------------------------------
ひーくん、ぶーくん
メールをありがとう。
 

●老人はケガをしやすい
確かに!父がケガをした場合、つえ程度の自宅治療ならまだ外部サービス駆使で生活していけそうですが、車椅子となると大変ですね。。

>2.車いすを使うことになった場合の移住先の検討
父が車いすを使うようになっても二人で暮らしていけるかな???

>4.室内でできる「仕事-生き甲斐-暇つぶし」の検討---何か、生き物を飼うとよいかも。視力が落ちたり、認知症だと本の筋も追えなくなるし、コレは私自身の老後にむけた大きな課題です(^ ^;)


●グループホームや特別養護老人ホームに入所できない
以前に役所に聞いたところ、コチラに比べると海町は待人数が少なく、老人二人世帯は緊急度が高く、入所できそうではありました。ただ、同グループで様々な施設をもつレッドグループなどを利用していると有利な気はします。


●両親の年金と手持ち現金と兄弟預金でまかないきれるか?
逆を言えば、資金の中で最善策を選ぶしかないですよね。民間介護サービスは手が届かず、介護保険を最大限に利用したサービス・施設を利用していくしかなさそうです。。

・両親年金 二人で月18万程度?
・両親貯金 700万程度?
・母からの預かり分 590万(ひー50万、ぶー250万、りー290万)
・兄弟貯金 157万


●認知症患者の一般入院のつきそい
度合いにもよるでしょうが、ケガはじめ何かで一般入院した場合、24時間のつきそいを求められるか拘束を許可するかの選択に迫られることもあるようです。。


いずれにしても、今後は何かある可能性が高く、父母だけでは話が進まず、私達の海町行きが多く求められると思います。フルタイムへの仕事復帰も検討していますが、週4日非常勤の気軽さを手放していいのか迷っています。。
 

読んでくださって、ありがとうございました
人気ブログランキングへ



at 05:04│Comments(0)TrackBack(0) 兄弟メール | 兄弟貯金

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
異臭がした父母の家。。ヒロインには自由が必要では?