2011年04月

2011年04月30日

介護専門家の見立て

ひーくん、ぶーくん

先日、アロマ&介護サービス「ロック」社長コーさんとデーさんが訪問してくれました。その結果を受け、昨日電話で30分ほどコー社長と話をしました。

母はにこやかにいろいろ話し、言いたいことが出てこないと父を頼る感じだったそうです。母が1時間×2回/週などに仕事をしたいと言ったのを受け、ロックのディサービスでの編み物や食事周りのボランティアを提案すると乗り気だったとのこと。見立てでは、単なる老化ではなく膠原病の脳への影響がある認知症で、要支援と要介護の境界線。

今後の進め方ですが、
1)ロックのケアマネに手伝ってもらって、父に介護申請のペラ1枚を提出してもらう
2)私が海町病院の膠原病医師に連絡して、介護専門医に診せるために、母の膠原病の病歴とCTを依頼
3)父にとりにいってもらう?
4)5月末に、私が海町に行き、専門医に診てもらう
5)専門医に介護認定への意見書を出してもらう
6)市の担当による調査認定がある ※子供が立ち会った方がいい

認定の立会いには私が行ったほうがいいのかもしれませんが、毎月海町はきつい。。6月訪問予定のぶーくんにお願いするかもしれません。まあ、私が一人っ子なら、全て私がするしかないので、がんばりどころなのかもと思いつつ。。

また、懸案の掃除ですが、部屋の衛生状態はそう大きな問題ではなく、二人が困っていなければ、汚さを子供たちも受け入れていくようにと助言がありました(笑)昨年梅雨時期のお腹を壊した件については、膠原病による臓器機能低下ではないかと。単なる掃除よりも、食事の摂取状況や睡眠状況などをケアする大切さを話していました。

介護認定の結果によらず、母にはボランティアとお願いして、ディサービスに週1回でも出かけるようになるといいと思いました。ちなみに、昨日父に電話したら、昨日は気持ちが変わり、疲れるからボランティアは無理だと言っていたらしい(笑)

読んでくださって、ありがとうございました
人気ブログランキングへ



at 06:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 兄弟メール 

2011年04月25日

電話作戦

--------------------------------------------------
ひーのメール
--------------------------------------------------
今日、母に電話したけど、ちょっと調子が悪そうでした。そこで、東北からの電話や電話のやりとりの話をしたら、てきめんに元気になりました。 たぶん私の話はすぐ忘れるでしょうが、なにがしかの印象は残ると思う。そこで思ったのだけど、電話のときに

「東北と電話した。声は元気だった。みんな東北を離れず、そこで頑張るといっている。親戚の誰も死んでいないことだけでも良かったということだっ た。またどこかで会うときには、笑って会いたいと言っていた」


という、「本当のこと」を何度もアナウンスするとよいのではなかろうか。子供がみんな東北のことを気にかけていること、たぶん東北の親戚はよろこ んだだろうことを一時的にでもイメージできれば、テレビで東北の悲惨さを見続けるよりは、母によい影響があると思う。

これからは、父母にただ電話するだけでなく、「呆けの進行を遅らせるための材料」として、内容も少し意識した方がよいかもしれないね。

続きを読む

at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 兄弟メール 

2011年04月23日

海町での死 vs 都心での死

ひーくん、ぶーくん
今回の2泊は掃除をしたくらいで、父母の日常に寄り添っていました。娘として複雑な気持ちはありますが、家が汚く、母のボケは進行中でも、二人は海町で幸せそうです。

直感的には、父はどんな場合も「海町での死」が最良なのに対し、母は「父が面倒を見てくれる場合に限定」される気がします。母は海町でのつきあいがないため、母が父の介護をするようになったり、父が先立った場合は難しいかも。。昔は父が先に逝く方が二人にとっていいと思っていましたが、今は逆かもと思います。

>  というわけで、「最後は認認介護の末、衰弱死というのもありえるが、
> それも完全な悪ではないと認識した上で、海町で楽に死んでくれること を究極
> の目標とする。当面の目的としては、そのプロセスをできるだけ遅延させること
> におく」

先に母に介護が必要となっていくなら全面的に賛成、父なら要検討希望です。

続きを読む

at 06:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 兄弟メール 

2011年04月18日

母のボケ悪化

ひーくん、ぶーくん

こんにちは。

一時ぼけがかなり良くなっていましたが、311ショックで電話の様子がおかしい。マッサージによる外部チェックも先方の勘違いで約束日にこなかったことと、東北への気兼ねからもう頼まないと言っています。そこで、母の状況を確認するために、なーと海町に行ってきました。今回は昨年8月に発覚したときよりもよくない状況でした。


1)母のぼけ
同じことの繰り返しは、以前の倍くらいになりました。ちょっと前の話を思い出せないこともありました。ぼけが進むと同じ料理を続けて作ると聞いたので、父に確認するとそういうこともあったと。。


2)部屋の汚さ
トイレ、風呂など使うのを躊躇するくらい今までで一番汚かった。。台所は一見きれいだったのですが、なーに渡してくれたグラスはカビの水玉で鳥肌がたちました(笑)見当たらないから次々と新しい品を使うと思われ、ごまは4袋も開いていました。体力が低下してくると不衛生による病気が心配なので大掃除をしたところ、くさった&くさりかけた食べ物が入ったダンボール3個や、ごきぶりの巣となった不用品の塊などがありました。

3)父の状態
父は非常に元気です(なー曰く、山町のじじばばよりも海町じじの方が頭もカラダも元気とのこと)。父の家事の役割は、母の薬管理、スケジュール管理、買い物、ゴミ出しです。母が料理と洗濯は好んでやっているので任せています。母が父に期待しているのは掃除なようですが、父はそもそも汚くても気にならないタイプ。母も見ないフリを決め込んでいたのが、いつのまにか汚さに慣れてしまったのかも。

4)対策
a:食事日記
市販の3年日記を購入し、母に3食の簡単な内容を書くように言いました。父も賛成してくれたので、今後は計算とともに父が指導してくれるとのこと。


b:頻繁な電話
お二人も、今まで以上に、1週間に一度の電話を目指して頂けたら助かります。

c:今後1年間、兄弟ローテーションで月1回の訪問
電話は適当にあわせてしまうこともあり、ボケ状態はつかみにくいと感じました。私は2ヶ月に1度、4,6,8,10,12,2月に行くことをコミットします。お二人も日帰りでもかまわないので、年3回を予定していただけないでしょうか?5,7,9,11,1,3月で行ける月を教えてみていただけると嬉しいです。

d:二人での生活が一日も長く続けられることが幸せだと思います。しかしながら、cによる現地状況確認をもとに、兄弟と父が共通認識を持つように努力し、母と父の状態によって移住も必要になってくるよね、と徐々に話していくことなのかな、と思います。


お二人のお考えを聞かせていただけたら助かります。

続きを読む

at 06:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 兄弟メール | 認知症によい品!?