2015年09月

2015年09月30日

★兄弟貯金★ 2015年9月収支

8月から繰越  4,104,445

プラス
・ひー 10,000
・ぶー 5,000
・りー 5,000
================
 計  20,000

マイナス
・りー立替(眼科&薬局850、皮膚科&薬局630、タクシー730、MAC2830)=5040→5000
================
 計  42351

10月へ繰越 4,119,445
 

読んでくださって、ありがとうございました



at 05:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 兄弟貯金 

2015年09月28日

母、ガトーショコラ3/4残す

--------------------------------------------------
ひーのメール
--------------------------------------------------
H屋が混んでいたので、イタリアンに行きました。ナポリタン完食、しかし、 食後のガトーショコラは1/4でギブアップ。

東北I町行きは、あいまいでしたが、まだ覚えていました。M叔父が元気で良かっ たということと、親戚まわりをしないで助かったことを力説。帰りのM町泊は やや朦朧としていて、何回か話しているうちに、泊まったことは理解したようで したが、具体的なことは雲散霧消。ただ、漠然ながらも、「街が 寂しかった」、「やはり人が多くないとだめだ」とのお言葉(←熱海と混乱しているかも しれない)。

今日はナポリタンがやや多かったようで、「は~、食べた食べた」を連発。食事 量は、今後の検討課題か。

 
続きを読む

at 07:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 兄弟メール 

2015年09月26日

墓参り&東北見舞いの追伸

ひーくん
Cc. ぶーくん

今週末の母見舞はどんな予定ですか?ウチは日曜にお寺&所用がありますが、もし帰りを送って頂けるなら、母を連れて行きます。

例えば、父さんとよく食べたとお盆で懐かしがっていた駅近くの喫茶店で8時朝食、ひーくん830までに合流、9時半には寺出発とか。

 

そうそう、
東北M町からのメールが送られていませんでした(^_^;)

あの日、母は日帰り気分で出かけたのですが、電車に乗るとほっとしたのか疲れも見えたし、「夫がせっかくだからM町に泊まって来いと言った」と言うと、ありがたいとすぐに泊まることになりました。(婿への気兼ねはポイント)
 泊っていくよう勧めてくれたM叔父やたー伯母には申し訳ないけれど、
 母は流されたI町の復興を直視するよりも、思い出のままにしたいらしいし、
 親戚には「日帰り」と言ってくれと強く言うので・・・
 

1443053478317 
予約してあった懐かしのD荘では、孫の歌対決はじめ東北バッパの幸せな晩年を何度も何度も語ったほか、部屋からの海の眺めや、後に待つ人かなくゆっくり入れる大浴場を堪能していました。写真は暇潰しにと持参した繕いものをしてくれている様子です。夜8時から朝5時までぐっすり眠り、翌朝元気にホームへ戻りました。

M町泊は母の記憶に残らなくても、幸せな一時が過ごせただけで○な気も(笑)



ひーくんの指摘通り、母か周囲の働きかけに喜ぶ「ふり」をすることは忘れてはいけないと思います。ただ、相反する嬉しさや意欲も「まだ」同居しているのだと思います。

続きを読む

at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 兄弟メール 

2015年09月25日

ウチとホームの敬老会

--------------------------------------------------
ぶーのメール
--------------------------------------------------
こんばんは。不定期に入る自分の仕事に追われて連絡が遅くなってしまいしました。

この連休中、妻が通常通り仕事だったこともあって9/20は家族で出かけ、9/21に子供達とホームに行ってきました。今回は子供達のリクエストもありH寿司でした。母はネギトロ、マグロ赤身、マグロはらみ、あなご、茶碗蒸しを完食し、ココアとチョコレートケーキで仕上げでした。機嫌も良くまた食欲あり、なおかつ孫との食事で楽しそうな敬老の日となりました。

東北I町訪問の事を聞いてみましたが、はっきりと覚えていました。やはりM叔父に会えたのは良かったような気がします。りーさん、ありがとうございました。

そうそう、交通量が多かったので夕方にお寺に行ってきました。(住職の話では日中は大渋滞だったようです。)今回はあの交通量と子供付きで母を墓参りに連れて行くのは難しい状況でした。なので、今回は申し訳ない。卒塔婆代3000円、線香代200円、お花代1500円払っておきました。

続きを読む

at 07:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 兄弟メール 

2015年09月24日

次はお彼岸?

--------------------------------------------------
ぶーのメール
--------------------------------------------------
お疲れさまです。おじさんにとっても母にとっても良かったです。
母には不安の元が一つさっぱりしたのではないでしょうか。


--------------------------------------------------
私のメール
--------------------------------------------------
ぶーくん、メールをありがとう。

さて、お彼岸。
お塔婆の手配もありがとうございました。もし可能ならば、母も連れていってくれると嬉しいです。「東北I町も行ったし、あと行くべきところはお彼岸・お盆のお寺だけ」と言っていたので(笑)

 

読んでくださって、ありがとうございました



at 06:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 兄弟メール 

2015年09月23日

母、M叔父と発症以来の再会

20150923

ひーくん、ぶーくん M叔父は元気そうで、母は心底安心したよう。
10月からの抗がん剤前で最良の時期だったかも。

病院から駅にもどり、たー伯母に駅まで来てもらい涙の再会。
ひーくんとぶーくんに宜しく言ってました。

読んでくださって、ありがとうございました



at 06:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 兄弟メール 

2015年09月18日

母の第一声がBest?

ひーくん、
土曜はお疲れさまでした。イタリアンでひーくんとゆっくり話せて喜んだことと思います。どうもありがとうございました。


さて、東北I町行き。
結論から言うと、行こうと思います。母に行く気があり、ぶーくん指摘通り最後の機会かもしれないし、M叔父は待機患者多数により退院となり(父の予後悪化を想いだすとちと不安・・・)、私が仕事と家の都合をつけられたからです。宿の予約はしましたが、母の当日の様子によっては日帰りします。

土曜、なー体育祭で取りに行けなかった近所の敬老会記念品をご近所が持ってきてくれました。昨日、なーと高校文化祭の帰りに母へ持って行き、macでカフェラテを飲みました。

母はひーくんの来訪は忘れていましたが、M叔父の入院は覚えていました。ひーくんの読み通り、「見舞いは行かない」と言いましたが、「行くって言ってたんだよね」と言うと、すぐに「そうだね。死んでからより、生きているうちに見舞った方がいいね。病院ならいい、家は嫌だ」となり、その後は終始行くモード(ひーくん同様2時間8回くらい確認)で、見舞金やなーへの土産など楽しそうに話していました。

春の熱海で、広い風呂にゆっくりつかったり、海をみたりするのはそれはそれは幸せそうでしたが、いま「行きたい?」と聞くと、即座に「もういい」と答えると思うのです。意欲の低下も主症状の病です。その第一声を本音ととらえ、その言う通りにするのがBestかは難しいところです。。

また、母は認知症と施設と付き合う中で、人に合わせる術が磨かれ、自分だったら行きたくないひーくんと、行きたい私の気持ちをくみとっているのかもしれません(笑)

続きを読む

at 05:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 兄弟メール 

2015年09月16日

母、やはり「行かない」

--------------------------------------------------
ひーのメール
--------------------------------------------------
1ヶ月ぶりに母とイタリアン。M叔父について、お見舞いの 話は蒸発していましたが、病気のことは覚えていて、「見舞いをど うする?」 とふってみると

やはり「行かない」。その理由は

1. 変わり果てた姿を見たくない。元気なMの姿を心に残しておきたい。
2. そもそも東北自体に行きたくない。M妻さんが、東北バッパの席に座った 姿を見てから、もう二度と行くまいと決めた。東北バッパさんのいない東北I町など何の 意味 もない。
3. 東北M町も行きたくない。泊まりたくない。行く理由もない。東北M町行くなら、ま だ熱海がまし(笑)。
4. 手術は成功し歩いていると説明すると、「あてにならない。ガンならどうせ もたない。足腰弱って体調不良とウソついて、何とか行かないようにしてくれないか?」

とのことでした。

飛び飛びになる話の中、2時間で8回聞いた結果(笑)、いつも答は同じ(答を固 めてしまったかもしれない)。少なくとも、今日のところは、短 期記憶低下が あるにせよ、一貫かつ統合した意見でした。来週、りーさんかぶーくんくんが母に見 舞いの話をしても、すくなくとも初回は「行かない」 と答える可能性はかなり 高そう。

積極的に「行きたい」と母が語ったことは一度もないこともふまえ、東北I町行きは、もう少し様子を見た方がよいように思えます。

ちなみに私も、瀕死のときに、あまり人に会いたくない派(笑)。「もう静かに 寝かせてくれ」という感じ。

 

読んでくださって、ありがとうございました



at 05:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 兄弟メール