2017年05月

2017年05月13日

物盗られ妄想!?

ひーくん、ぶーくん

昨日は母と散歩&macカフェラテ。

日曜にダウンコートを洗濯のために引き上げました。以前にコートがなくなったと話したことがあったので、なるべく早く戻したいと持っていった次第です。

今回は杞憂でしたが、母曰く「前に座っている人は最近いろいろなモノがなくなると言っている。大人しいから狙われる。大きく名前を書くように言ってあげた。」母は盗られないかと確認すると、「自分のように騒ぐタイプは狙われない」と自信たっぷり(笑)

毎度の、なーは早く3人の子供をうませた方がいいという話から、母自身は3人の子を持って幸せだったかと問うと、「いつでも豊かな気持ちになれる」と意味深いお言葉でした!
  
続きを読む

at 05:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 兄弟メール 

2017年05月09日

母の口から「ダブルチョコ」

ひーくん、ぶーくん

昨日は、夫も含めて4人でランチ。母の希望で、3日おかずのH寿司。あさりの味噌汁、茶碗蒸し、マグロ2皿、ウナギ、ケーキ、ココアといつも通り。

私となーだけだと「お先にどうぞ」というとパクパク食べ始めるのに、夫が食べ始めるまではずっと待っていたのは印象的でした。

それと、なーが「ばあちゃんは、チョコレートケーキとココアでチョコチョコだね」と言うと、母が「ダブルチョコだよ」と答えました。私は「今時の言葉を知っているなんてスゴ~イ!」というと照れていました。

読んでくださって、ありがとうございました



at 06:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 兄弟メール 

2017年05月07日

「息子の奥さん」はかなり前から混濁

--------------------------------------------------
ひーのメール
--------------------------------------------------
お見舞い、ご苦労さまでした。

「息子の奥さん」については、かなり前から混濁していると思います。「膠原病云々」と言われたと思いますが、挨拶と思ってください(笑)。

私がお見舞いに行くときは、必ず「今日はママちゃんはどうしたの?」ときかれます。この「ママ」はぶー妻さんのことでしょう。そこで私が話をあわせて「今日は膠原病で来られない」という。そこで、たぶんぶーが聞いたであろうやりとり「膠原病は人による...他人には程度がわからないからつらい...」がはじまるという仕組みです。まあ、ぶー妻さんがいないときは「今日は、膠原病ではなく○○で来られない」と本当のことを言えばいいし、いるときで「膠原病云々」がきたら、「おかげさまで今日は順調です」と流せばよいと思います。

たー伯父逝去をおぼろげにでも理解=記憶したというのは、認知症という病気の性質を考えると、大きな驚きです。まだ比較的無事な大脳皮質へ情報が「重要情報」として転送されたということかな?

たー伯母息子の嫁問題はウルトラ鉄板の話題。最近は、冗談半分で「いっそ宏くんはMちゃんと結婚すればよいのでは?そうすれば、M叔父家とたー伯母家の嫁-婿問題は一挙に解決」と新規の水路をうがっているのだが(笑)、母には思いの外、有効そうな感じが...。
 

読んでくださって、ありがとうございました



at 05:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 兄弟メール 

2017年05月06日

ぶー妻とひー妻の記憶混濁

--------------------------------------------------
ぶーのメール
--------------------------------------------------
今日はちょっと暑かったですが、母には丁度よかったようです。

いつも通りH寿司に行ってきました。マグロ3皿、ウナギ、茶碗蒸し、ケーキ、ココアとほぼいつも通りの内容でした。

今日は妻が仕事で同席しなかったのですが、母はひー妻さんと区別がつかないようでした。最初、誰の事を言っているのか理解するまで若干時間が必要でした。母の話を聞いているうちに更年期の話でてきたので、これはひー妻さんの事を言っているのだと思いました。

記憶の混濁と言えばたー伯父の逝去は何となく理解しているようでしたが、たー伯母の体の状態までは覚えていないようでした。ただ、記憶の混濁が進んできても「たー伯母息子の嫁問題」は気になるようでした。
続きを読む

at 05:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 兄弟メール 

2017年05月01日

新人なのに威張っている!?

ひーくん、ぶーくん

母と曇り空の散歩&macでラテ。おかげさまでいつも通り。

出がけに、
新しい方が大きな声で騒いでいました。
母は顔をしかめて「新人なのに威張っている」と批判的でした。

道すがら、「家では天下だったのだから、慣れるまで大変だ」
MACでは、「誰もが通ってきた道で仕方ないし、みな優しい」と。
次第に嫌なことは忘れ、良い部分に焦点があたるのは美徳ですね!

 

読んでくださって、ありがとうございました



at 05:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 兄弟メール