熱海の代替案母、とうとうイタリアンにあきる!?

2014年03月19日

りー家でランチ&飴問題

--------------------------------------------------
ぶーのメール
--------------------------------------------------
今日はグループホーム川でえこ叔母から送れてきた荷物(佃煮でした)を確認し、母と一緒にりー家で昼食にお邪魔してきました。

りーさん、ごちそうさまでした。母はりー家の畑にジャガイモを植えていましたが、楽しそうでした。ラーメンおいしかったです。母もおはぎとラーメンをぺろりと完食していました。

また、荷物のお礼にきーとえこ叔母に電話して母に話してもらいました。母とえこ叔母の会話で母がえこ叔母に「デイサービスでの生活指南」をしているのが印象的でした。

今回ちょっと失敗だったのは、母をりー家に連れて行く途中でコンビニでアイスを買ったのですが、その時、母に口が渇くからと飴をせがまれついつい買ってしまいました。飴を購入すること自体が問題ではなく、買った飴をその場で回収できず母が自分のバックに飴をしまい込むことを止められなかったのです。

既にご存じのとおり、グループホーム川への飴の持ち込みは×です。結局、りー家を出てグループホーム川に戻ってから飴を母のバックから回収してグループホーム川に預かってもらいました。次回、りーさんが訪問する時に受け取ってください。

グループホーム川職員の話では、飴の代わりに一日2回トローチを母に渡しているそうですが、母はこのトローチを途中で捨ててしまったりしているそうです。その一方、口腔内の乾きがつらいという話が職員にはしていないようです。

飴の取り扱いは引き続き難しいです。
 


--------------------------------------------------
ひーのメール
--------------------------------------------------
ご苦労さまでした。

えこ叔母ときーがコチラに移転してくる可能性もあるので、その精神的な準備としても、母
がデイサービス指南をしているのはよかった。

飴の扱いはやり方次第だと思う。「一度与えてしまったものを取り返す」のは、母ならずとも面白くないのは人の性(笑)。母に飴は購入させず、 こちらが前もって準備しておき、ほしいといったら必要な分だけ与える。原則として、「食べ物・飲み物は、『その場でなくなるもの』しか出さな い。」 これでいけば、トラブルは減ると思うが、いかが?

トローチは気にしすぎることはないと思う。老人の体調は変化しやすいので、日によっては、なめたくないときもあるでしょう。飴の件とあわせ て、要は、「必要な分だけを必要な時に。一律強制はなるべくさける」ということではないかな。


--------------------------------------------------
私のメール
--------------------------------------------------
メールをありがとうございます。

ぶーくん、
昨日はお疲れ様でした。母が楽しそうで、何よりでした。
ありがとうございました!

母は昔から説教は天下逸品でしたが、えこ叔母へも素晴らしかったですね。

さて、飴問題。
なるべく飴か飲み物を常備。ただ、ない時に限ってねだられます(^_^;)
その時は、「もう少しで珈琲飲もう」「あっ、なーがね~」等スルー。

そうそう、熱海と熱海代替案。
ぶーくんはどう思いますか?

読んでくださって、ありがとうございました



at 05:59│Comments(0)TrackBack(0) 兄弟メール 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
熱海の代替案母、とうとうイタリアンにあきる!?