母自伝--2)東北N町

2014年02月22日

思い出すと涙!の居候時代

ひーくん、ぶーくん

今日も母と散歩&MACラテ。引き揚げ時の話を再度聞くと、ソ連からの襲撃、母は小二というので「終戦直後の引揚」の可能性が高そうです。

ひーくん、
N町時代。樺太に比べて記憶がはっきりしている様子。土曜に行ってくれるそいうですね。訂正・追加情報があれば是非お願いします。


<人間関係>
F町のおばば家:おばば×(おじじ存命不明)、養女T代×夫、その息子(母の結婚相手だったかも)
F町の東北バッパ実家:東北バッパ母、東北バッパ兄×妻、その子3人位
F町の東北バッパ家(東北バッパ実家の納屋6畳に居候):東北バッパ、たー伯母、えこ叔母、S叔父(T伯父はI町魚加工所へ就職?)
N町のスズキヒデコ家:東北バッパ妹×夫(石切)、その子・N子達3人位、居候の母
O町の東北バッパ姉家:東北バッパ姉×夫(農家)、その息子1人、居候のM叔父

<位置関係>
F町→2.8km(徒歩40分)→N町→17.3km(徒歩3時間46分)→O町
F町→35.3km(徒歩7時間46分)→I町

<物語>
樺太から東北バッパ実家の6畳程度の狭い納屋に東北バッパと子供6人は身を寄せた。やり手のオババはF町でも漁業をやりだし、おばばやくらじが納屋にくると、東北バッパにお金や食べ物を渡してくれるのが、母は子供ながらに嬉しかった。東北バッパ母は食物を運ぶなど心を配ってくれたが、「また樺太へもっていったのか」と東北バッパ兄嫁に叱られるような戦後の厳しい食糧事情だった。

東北バッパはやむなく、長男・T伯父をI町魚加工所へでっちへ出し、母をN町の妹宅、M叔父をO町の姉宅へ居候に出し、幼児エッコとマサオの育児を10歳のチヨに任せ、東北バッパ自身はF町の海産物を捕り、それをO町の農家に嫁いだ姉のもとへ運び、米などと交換することで家族の糧を稼いだ。

小学校2年生から東北ジッジが帰ってくる5年生まで、N町の東北バッパ妹宅に居候することとなった母。石切で日銭を稼ぐ夫と母と同い年のN子を筆頭に3人の子供の5人家族もまた日々の食べるものに苦労する家だった。母にはN町での小学校には通ったのか通わなかったのか殆ど記憶がない。東北バッパ妹には、母は可愛い姪というよりも、厄介なクイブチに思えても仕方がなかった。

眠る時はN子と一つの蒲団を分け合った。でも、家族5人が同じ方向に枕を並べる中、母だけは逆向きで、肩が敷布団からも掛布団からも出てしまう。冬はせめて座布団でも欲しいと思ったが、そんなことは言い出せなかった。

家事もN子は何も言いつけられない。山の薪拾いも全て母。母は山で一人で薪になる木を探して拾った。自分しかする者はいないので、工夫してたくさん紐でしばって山をおりた。

でも、何より辛いのは、家族5人とは差別をされて、いつもひもじいこと。ある時、叔母がでかけた時に、高いところにおいてあったオヒツに手を出して食べようとした瞬間、忘れ物をしたのか戻った叔母に徹底的に怒鳴りつけられた。(この話を思い出した際に、母は涙!)

母の救いはN町の家のスグ上にあるお寺だった。叔母家には風呂がなく、このお寺さんのお風呂をもらっていた。お寺は檀家から貰い物が多い上に、広い畑をもっていて、常にふかし芋があるなど食べる物には不自由していなかった。10人くらいの子沢山でもあり、母が一人でも背中に背負い子守をしていれば、昼食・夕食を出してくれた。お寺さんでご飯を食べ風呂まで入って帰れば、後は寝るだけ。厄介者と冷たいそしりをうけずに眠ることができたのだった。

東北バッパがF町の海産物を背負って一日かけてO町に物々交換に行く際に、N町によって母も荷物を背負って一緒にいくことがあった。N町での日々が哀しくて辛くて、母東北バッパに泣く泣く打ち明けた。しかし、わが子の味方をしてくれると思っていた東北バッパに「妹の悪口を言うな」と一括されたことは本当にショックだった。その後、母は1度たりともN町の愚痴を東北バッパに言うことはなかった。

O町からは寂しく暗い道を4時間近くとぼとぼ帰る道だったが、O町に居候するM叔父は、東北バッパと母を見送るのが何よりも辛かったと言う。M叔父もまた、同い年の男子がいる家で相当苦労したらしい。母とM叔父、居候仲間の二人の絆は同じ兄弟でも強くなっていった。

 

読んでくださって、ありがとうございました



at 06:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年02月20日

母は北海道空襲に遭遇!?

--------------------------------------------------
ひーのメール
--------------------------------------------------
メールありがとう。母の引き揚げ年齢は難しいところだね。しかし、機銃掃射をくらったという一点だけでも、「昭和20(1945)年夏の樺太 撤退」はいい線と思う。

ところで、いままで機銃掃射した相手を「ソ連」と思い込んでいたけど、実は「アメリカ軍」の可能性高し。7月14日~15日は北海道空襲の日でもありました。これは盲点だった。

上のHPには、「函館市、小樽市、帯広市、旭川市や戦略上全く意味のない農村部も攻撃され、一般市民を中心に死者2,000人を超える被害を 出した。 また、この空襲を通じて、千島列島から北海道、北海道から本州を結ぶ航路の船舶も攻撃対象となり、多くの船が撃沈または大破の被害を受け、ほとんどの航路 が機能を失った」とある。母の機銃掃射の記憶は、歴史に残るイベントだったのかも。よく生きていてくれた!

ただしそのとき母が尋常小学校1年生だったか、2年生だったかはよくわからない。りーの言う通り、満6歳時の撤退なら1944年になって しまう。でも1944年では、ソ連は勿論(←日本と戦っていない)、アメリカ軍の北海道への空襲もはじまっていないので、「機銃掃射をうけ た」こと自体にちょっと無理がでる。

樺太撤退時に母が1年生だったなら、何らかの事情で樺太での小学校入学が遅れたのかもしれないね。「東北では尋常小学校2年生から」というの は何度か母から聞いた。終戦間際~直後の混乱で、学制が相当混乱していたのかも。


一周忌---「ぶー号で母をホームに連れて行く。私も同乗」 今回はこれでいきましょう。問題がでれば次回に修正すればよし。

風邪と雪---皆さん、ご注意を。雪は水曜にもまた降るらしいし。

続きを読む

at 06:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年02月18日

母一族物語(推定)

--------------------------------------------------
ひーのメール
--------------------------------------------------
以下、ご参考。

母が小学校1年(満7歳)で樺太撤退ということならば(前は数7歳と聞いた)、東北時代以降の年代は見当がつけやすい。

1945(昭和20)年 母小学1年生(満7歳)
F町についたこまよ一家は、母をN町、正義さんをO町の親戚にあずける。母のN町での苦難の生活(小1夏~小5夏)がはじまっ た。N町には母と同年のN子さんという娘がいたが、地域の色々な「役」をこの子にはさせないで、すべて母にやらせた。母がこまよさんに不平 をいうと、「わたしの妹の悪口をいわないで」とぴしゃり。以降、母は不平をいうのをやめた。N子さんは後日、スナックを経営したらしい。名 振で母の行商「納豆売り」開始。いつからはじめたかは不明。こまよさんは「ニコヨン」と呼ばれた「どかた」で頑張った。

1949(昭和24)年 母小学5年生(満11歳)
東北ジッジが復帰。背景にはたぶん、1949年(昭和24年)6月1日の樺太庁廃止がある。東北ジッジ復帰を機に、一家はF町を出てI町へ。母 の小学校移転はこれに関係。I町小学校に入学するが、行商は大変だ し、上記のいじめはあるしで、良い記憶はあまりなし。行商づけの生活の中、東北ジッジ死亡。月々3千円の生活保護をもらう。当時としては、これは屈辱的だった。

1953(昭和28)年 母中学3年生(満15歳)
貧乏なので、中学校の修学旅行(東京行き)に母は行けず。姉のたー伯母は行った。しかし、つい浮かれて小遣いを使い果たし、東北バッパに 「なぜ使ってしまった」と涙の説教。このこともあり、母の修学旅行は、同様の境遇にあった5名とともに、これまた屈辱の「S市ツアー」。これ で「いつか東京に出てやる」と決意。

1954年(昭和29年) 母 満16歳
中学卒業、S商店へ。


一家がいつから樺太にいたかは難しい。ごく大ざっぱに見積もってみる。
195X年に東北ジッジ死亡(いつだっけ?)。享年4X歳(だっけ?)。大工だったらしいので、たぶん18歳~20歳までは親方のもとで修行。 それから独立もかねて樺太に行ったと仮定すると、20代前半が、樺太移住時の東北ジッジの年齢。東北ジッジ死亡時の年(195X年)から推定定住期間(死亡4X歳-移住2X歳 = 大体20年間樺太にいた)を引くと、移住の年代として1930年代前半という線がうかぶ(母 が生まれた1938年には確実に樺太にいたので、移住が「1930年代後半」というのはややきつい)。

去年なくなったがT伯父84歳。ということは、生まれたのは1929年。T伯父は北海道生まれと聞いたことがあるので、 少なくとも1929年までは樺太にはいなかったとみなせる。ここからも、移住年代1930年代前半はいい感じか。昭和がはじまるのが1926 年。ざっといって、大体、昭和のはじめごろ、江良家は樺太に移住したのではないかな。

樺太移住の年代は、怪しい点多し。りーさん、ヒマなときに適当に補正してください(笑)。

続きを読む

at 05:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)