兄弟メール

2020年07月07日

お中元、わからず・・・

ひーくん、ぶーくん

昨日はホームへの水まんじゅうのお中元を手に母のもとへ。

面会予約をしていないため、玄関先に軽い足取りででてきて、にこやかにちょっとの会話。 お中元がわからなかったことが印象的でした。

「お中元をもってきたんだよ」
「わざわざありがとう」
「今日はスタッフの方へのお中元なんだよ」
「あとで皆でいただくね」等々

また、春から見かける30代の感じのよい女性スタッフがお礼とともに「私は派遣なので来週なでなんです」。コロナの人手不足でサポートしてくれたんですね。このホームに限らず、正規・非正規問わず、介護職の皆さんに感謝です。
続きを読む

at 06:37|PermalinkComments(0)

2020年07月03日

振袖ループ

ひーくん、ぶーくん

ぶーくん、
メールをありがとう。隣町のキャバクラでクラスター発生(^_^;)、確かに油断はできません。

さて、昨日はじめての面談に行き、次の人がいないため、30分位話せました。

「なーは高校生?」から振袖のループになったので、私の老眼や耳鳴りの話をすると、自分はどこも痛くないと笑いました。水路は少なくなったなかで、「S商店の旦那が女をつくらなければ」と話しだしました。とにもかくにも大きな変化は感じられなかったこと自体、ありがたいことです。

読んでくださって、ありがとうございました



at 05:30|PermalinkComments(0)

2020年07月02日

散歩はまだ先

ひーくん、ぶーくん

ホーム通信を添付します。
コロナの山を大事なく乗り越えられたことは本当に感謝です。

連絡
・ホームの社名変更
・面会再開ですが、場所は母の部屋に限定
続きを読む

at 04:36|PermalinkComments(0)

2020年06月23日

お団子を差入れ

ひーくん、ぶーくん

昨日は母のもとへ差し入れへ。フロアの皆さん分の お団子を を母に直接手渡し。母は右肩が下がって歩いてきたように感じましたが、前回同様に喜んでくれました。

若い男性スタッフが指示をうける、いかつい男性が遠目に見えたので、新しいフロア長かもしれません。

面会が再開されたそうです。1回1人のみ、平日14~16時、15分の電話予約制だそうです。但し、施設長もしくはフロア長のみ予約受付可能(1回で予約できないかも)まだ見舞いし辛いですね。。
続きを読む

at 05:24|PermalinkComments(0)

2020年06月16日

あべのマスクと給付金書類

ひーくん、ぶーくん

・・・・・

映画「コンテイジョン」ではワクチン完成により終息しましたが、
ダニ博士が警告する「新たなウイルス再来」が怖いです。

とにもかくにも、一日も早い今回の終息と
皆さんの健康を祈っています!  


追伸
あべのマスクと給付金書類がやっときました。
給付金は申請し、マスクは今週ホームにきいて、不要なら自治体回収箱にいれます。
続きを読む

at 05:06|PermalinkComments(0)

2020年06月08日

水羊羹を差入れ

ひーくん、ぶーくん

昨日は、 母のもとへ差し入れへ。もう2m制限はなくなったのか、フロアの皆さん分の 水羊羹を を母に直接手渡し。お二人へのメッセージを動画に撮りました。下記は見れるかな?

まもなく面会できるようですが、1回1人のみ、14~16時、15分の予約制だそうです。短いので、ホームのまわりをちょっと歩くくらい?
続きを読む

at 04:21|PermalinkComments(0)

2020年05月27日

草餅を差入れ

ひーくん、ぶーくん

一昨日は、 母のもとへ差し入れへ。スタッフが手が離せなかったのか、玄関でフロアの皆さん分の草餅を母に直接手渡し、久々に間近で会話。

しっかりとした足取りで一人で歩いてきて、にこやかに「久しぶりだね~ ここはみんな風邪もひかず元気だよ」と言い、中にいるスタッフに「おやつだよ~」と渡していました。

遠目にみたスタッフは誰もマスクをつけていなかったような。。
続きを読む

at 04:06|PermalinkComments(0)

2020年05月21日

パンツを捨てる許可・・

ひーくん、ぶーくん

21時過ぎにホームの若いスタッフから電話あり
・昨日は風呂
・スタッフが母のパンツに汚れに気が付く
・パッドをしていなかったので、汚れはひどかった
・母が捨てるように依頼
・私に承諾問い合わせ

何事かと身構える夜にかけてくる内容?
しかも、かなりまどろっころしくてイライラ(笑)

今後について下記お願いをしました。
・汚れのひどいものを捨てるにに許可不要
・下着などの数がたりならないよう、事後報告を依頼


母の能力低下は哀しいけれど仕方がありません。。
母が忘れやすいことは救いなのかもしれません。

読んでくださって、ありがとうございました



at 04:46|PermalinkComments(0)