認知症によい品!?

2016年12月05日

散歩、癒しロボット

ひーくん、ぶーくん

昨日午後に「あたたかく散歩日和だから」と母を訪ねると、鬱っぽくあんかを抱えてぼっ~と座っていました。気をひきたてて散歩に行きましたが、例の「老人一人に15万円はなかなか払えない」話ばかりが続くので、気分転換に「なーつけまとわれ事件」を話すと、それは心配して頭がしゃきっとしたようでした!

そうそう、ホームに洋菓子のお歳暮を渡しました。

追伸:
NHKプロフェッショナルのとりだめで「セラピーロボット」を見ました。
45万円の価値はある、世界的に認められた癒しロボットだそうです。
母のホームにも誰か寄付してくれないかしら(笑)

読んでくださって、ありがとうございました



at 06:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月09日

時代とともに振り返る 自分史ノート

ひーくん、ぶーくん

昨日は水菓子など詰め合わせを、兄弟のお中元として渡してきました。

そのあと、MACの開店10時にあわせて、母と散歩。
日差しが強いなか、長袖2枚で「あたたくて気持ちがよい」とご満悦(^_^;)

私のまんねり打破のため
「時代とともに振り返る 自分史ノート」を買って持参。

時代とともに振り返る 自分史ノート amazon 1296円

昭和13年から敗戦まで、時事や流行歌を母に告げると、
よみがえる数々の思い出。目新しいものはありませんでしたが、
「りんご追分」をフルコーラス歌いきったので、驚きました。
 

読んでくださって、ありがとうございました



at 07:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月01日

やさしくできる傾聴

イラストとケースでわかるやさしくできる傾聴 イラストとケースでわかるやさしくできる傾聴
傾聴のワザを身につけよう!きちんと「きく」ことで、感情と情報の整理がつき、相手はスッキリ自分との信頼関係が深まります。プロのカウンセラーが、「きく」テクニックとコツを伝授。イラストとケーススタディで、技術と対話のイメージがつかめるひとりでわかる傾聴実践。 

母と傾聴ボランティアのために、
備忘録として、本で心に残ったことを記します。

--------------------------------------------------
年老いた母編
--------------------------------------------------
1)主な訴えと聴くべき話題
・母が感じている「居心地のなさ」は「母の自尊心=存在意義」にかかわる
・家族がおざなりにしていなくても、本人がそう感じていることが重要
・事実がどうであれ、本人がどう思っているのか(今回は悲しみ)を重視
・たまった気持ちをはきださせて、自尊心を高める

2)聴くための準備
・大切なのは、訴えてきたその場で聴くこと

3)かかわり行動
・年老いているため、反応や聞き取り能力が弱いこともある
・ゆっくりと丁寧に向き合うことが重要
・相手にとって見えやすく、聞き取りやすい言動

4)質問技法
・あれこれと問いよりも、相手が話すままに聴き取る
・論理よりも感情を優先

5)明確化
・相手の感情を引き出してはげます
・無理に「いいかえ」や「解釈」しない
  母「あたしには、もうもったいないよ・・・」
  娘「もったいない?何でよ?・・・」 ※繰り返し
  母「あたしもう死にたいんだよ」
  娘「お母さん(背中をさする)」 ※否定しない。接触により「あなたが大事」と伝える
  母「みんな大変なのにあたしは何もしていない・・・」
  娘「夫と娘のこと心配してくれていたのね?ありがとう、お母さん(にっこりして背中をさする)」 ※マイナス感情ではなく、母が心配していた事実に注目

6)感情の反映
・抑え込んでいる感情を引き出すことが最重要
・話し手が感情にかかわる言葉を出した場合には、必ず拾う
  母「最近は他のみんなもいなくなってしまったから、よけいに寂しくてね・・・」
  娘「そう・・ お母さん、寂しかったのね(少し微笑みながら)」 ※苦しい話題を和ませ、内容に温かみを加える

7)要約
・相手が感情的に話したまま進めるため、まとまりにくい
・無理してまとめなくても、「こんな風に話していたね」と理解を示す




 

読んでくださって、ありがとうございました



at 05:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月15日

新傾聴ボランティアのすすめ

近所の特養ではじめた傾聴ボランティア。
備忘録として、本で学んだことを記します。

--------------------------------------------------
傾聴の姿勢
--------------------------------------------------
相手の人格を尊重する
・助言しない
・結論は本人が
・お説教しない
・自分の考えをおしつけない

相手に共感をする
・同感しない(安易な「わかります」)
・同情しない(安易な「お気の毒でしたね」)

相手を受容する
・否定しない
・共感できない時は共感のふりをせず、否定することなく共感はできないという

相手に敬意を払う
・礼儀正しく
・○○さんと呼ぶ
・幼児言葉は使わない
・相手のペースにあわせる

認知症の方へ
・たまたま認知症という症状をもった方
・「何を言ってもわからない」という態度は慎む
・感情は最後まで残っていることを認識する
・無反応でも継続的に声をかける

心構え
・守秘義務の順守
・心を穏やかにたもち、まきこまれない

方法
・アイコンタクト
・目線を合わせる
・うなずき
・ほほえみ
・すてき、すごい、すばらしい
・困ったときの「繰り返し」

--------------------------------------------------
傾聴する施設への確認
--------------------------------------------------
1)活動の頻度、曜日、時間
2)施設担当者
3)傾聴する相手(グループ傾聴、ときに1対1など)
4)傾聴する場所

5)活動内容(傾聴以外のお手伝いの度合いなど)
6)身体的介護・介助(基本的にしないなど)

7)守秘義務
・利用者さんから聴いた話は報告しない
・但し、利用者さんの心身の不具合に気づいたら報告する義務がある
・活動上知りえた利用者、施設職員、施設のことについて他言しない

8)訴えを受けた場合の対応(施設の悪口を伝えてほしいなど)
9)物をもらった場合の対応(辞退しても下さる場合は一旦受け取り、あとでスタッフへ返却など)

10)ボランティア保険(施設でまとめて加入 又は 個人で加入)


新傾聴ボランティアのすすめ―聴くことでできる社会貢献 新傾聴ボランティアのすすめ

いま人気の“傾聴ボランティア”って何?傾聴の意味と意義、傾聴のスキル、傾聴ボランティア活動の仕方、活動上の事例Q&A、傾聴ボランティア体験記などを満載!さあ、あなたも参加しませんか?傾聴ボランティア指導実績全国NO.1のNPO法人ホールファミリーケア協会がお届けする活動の実践的手引き。

傾聴ボランティア体験記 傾聴ボランティア体験記
東北・被災地の方たちの傾聴、認知症の高齢者への傾聴、施設や個人宅への傾聴…たくさんの方の活動の最前線の活動手記から見えてくる、傾聴ボランティアの醍醐味と意義。

 

読んでくださって、ありがとうございました



at 05:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月05日

社会保険料とデジタル時計

ひーくん、ぶーくん

社会保険料
仮徴収(4,6,8月)のハガキがきました。
・後期高齢者医療保険料 隔月1400円
・介護保険料 隔月10,700円

昨年は海町とコチラ両方からの請求や還付手続きなど煩雑でしたが、
今年は単に年金から徴収してくれるなら簡単ですね(笑)


電波デジタル時計
失念していましたが、花見の際、海町で使っていた時計(日付と時間表示)が見当たらないと母に言うと、電池がきれたとTV周りの紙の中にうまっていました。電池液漏れでバネ周りが腐食して修理の方が高いかも。

認知症はいずれアナログ時計がわからなくなるそうなので、「もらった」と言って、類似時計を買った方がいいでしょうか?腕時計をみているので、いらないとも言えるのですが。


TV周りの紙や冊子などもいるの?と聞くと、あげると言われ、大量に持ち帰りました。整理できない病ゆえ気を配らねば、と思いました(^_^;)続きを読む

at 05:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年02月07日

老親といい関係をつくる会話術

ひーくん、ぶーくん

こんばんは。

実は、大学時代に適性がないと諦めたカウンセリングの勉強しなおしています。読んだ本の中で、母にもスグ応用できそうなことがあったので、お知らせします。



老齢後期の実母の場合
・母親にとって生きることは人に尽くすこと。誰かの世話になるようになると抑うつ状態に。できるだけ一緒にいて話しかけること

・話しやすいテーマは6個
1)孫の話:面倒がらずに、毎回、誰で何歳なのか前置を話し、次の約束や相談など
2)子ども時代や青春の話:「自伝インタビュー」はすばらしいかもね(笑)
3)子どもたち(=私たち)との思い出:〃
4)自分の親・兄弟たちとの思い出:〃
5)夫との出会い・ロマンス:〃
6)人生:「もう何もいらない」っていうけど、お母さんにとって大事なものは何? お母さんが私たち兄弟3人に伝えたい人生で大切なことは?「夫婦」って何だと思う? 「子育て」で重要なことは?

ひーくん
土曜日に母に、樺太時代の掘り下げを聞いていただけたら嬉しいです。東北ジッジといった真岡の様子、樺太で美味しかったもの、覚えている歌、どんな小学校だったか、おばばの成功ぶり等。加えて、6)は毎回聞いてもいい質問かもしれませんね。


続きを読む

at 04:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月30日

母と卓球教室!?

ひーくん、ぶーくん

おはよう。

グループホーム川の隣駅にほど近い体育館では
様々なスポーツ教室が行われています。

ダンスやヨガがあればいいと思いましたが、
私が一緒に通いやすい木曜午前は、座禅と卓球。
母は保養所でなーと卓球をしたときに、
なーよりも上手で楽しそうだったので、
とりあえず卓球の抽選に申し込んでみようと思いますが、
どうでしょう?
続きを読む

at 04:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月10日

生きかた上手

ひーくん、ぶーくん

日曜の母の精気のなさが気になり、今日も行ってきました。老健・花から昨夜届いた洗濯物や、みーさんからの手紙を見せても、大して反応なし(^ ^;)

そこで、ひーくんに提案した巨木&寺の散歩に出かけ、途中のヤクルト拠点でヤクルトを買い、竹の子が生えている竹林を眺め、体育の授業をしている小学校を眺めながら45分くらい歩きました。ちなみに、樹齢1000年超は一見の価値ありですが、寺は改築中で今ひとつ。

帰りに、日曜にひーくんがくるので何かリクエストは?と聞いたところ、お昼を一緒に食べれるなら、冷し中華。(グループホーム川に前日夕方までの連絡で可能。駅前の店にあったよ)

欲しいもには強いていうなら、本とのこと。「生きかた上手」日野原 重明 が今一番の友らしく、老いたり病む人の気持ちをわかってくれる、と言っていました。古本屋で他の著作をみやげにするのもいいのかも。

生きかた上手 生きかた上手


今日は、元気はつらつのなーの授業参観もありました。
人生について考える日々です(笑)

そうそう、みーさんには半返しを送りました。

では、よろしくお願いします。続きを読む

at 05:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)